「割り引く」とは?時間が生み出すリターンと抱えるリスク

  • 時間が生み出す価値(リターン)

 

あたなは1年前の自分の顔を覚えていますか?1年前なので、見た目にはあまり変わっていないように感じる人が大半ではないでしょうか。一方、見た目には変化がなくとも、1年前より知識や知恵や経験など見えない部分が増えているはずです。あなたは、1年という「時間」をかけて、あなたの価値を高めています。

 

お金も同じように、1年前の1万円は1年後の今と同じ福沢諭吉の顔をしています。しかし、1年前の1万円は今の1万円とは価値が違います。実は、1年という時間がお金の価値を高めてくれます。もちろん、何もしないで価値が高まるわけではありません。

 

例えば、あなたの手元にある1万円を銀行に預けた場合、1年後にいくらになっているかを考えてみてください。現在の1万円は、仮に金利5%とすると、1年後には金利分(=リターン)が上乗せされ1万500円となります。

 

逆を言えば、1年後の1万500円の価値は、現在の価値では1万円の価値しかないという事になります。このように、将来の時点におけるお金の価値を、現在に割り戻して捉えることを、財務会計の世界では「割り引く」と言います。

 

この「割り引く」という概念は、企業の価値を算出する方法の一つである「ディスカウンテッド・キャッシュフロー法(DCF法)」を使う際に重要となります。

 

  • 時間が抱える不確実な側面(リスク)

 

なぜ「割り引く」かについては、もう一つの理由があります。それは、「リスク」です。現在目の前にある1万円は、確実にあなたのものです。しかし、1年後に5%の金利が上乗せされて1万500円を受け取ることができるかどうかは、定かではありません。1年の間に、銀行がつぶれてしまうという可能性もあるからです。

 

このように、起こるかどうかわからない不確実なことがリスクです。1年後の未来は、現在に比べて不確実性が高いため、お金の価値も割り引いて考えます。

 

不確実性の高いことに関して割り引くのは、お金に限ったことではありません。例えば、いつも調子のよいことばかりを言っている人の話は「話半分できく」などと表現します。このように、「本当かどうか」「確実かどうか」が分からないことに対しては、日常生活でも割り引いてとらえています。

 

以上のように、「割り引く」ことの理由は、お金の価値が時間と共に変わるからです。そして時間は、「リスク」と「リターン」であり、これらは表裏一体の関係であるということを理解する必要があります。