長期的な収益力の源泉は目に見えない資産:「のれん」とは

会計での「のれん」とは何か

 

「のれん」とは、会計用語の一つです。「ブランド」「ノウハウ」「品質」「人材」といった金額に換算することが難しい企業の資産である無形資産のことを指しています。

 

会計上の「のれん」は、よくお店の入り口に掲げられている暖簾(のれん)からきています。「店名」「屋号」「商号」、伝統的なお店であれば「家紋」などが染められているあの暖簾です。「暖簾分け」や「暖簾に傷がつく」といった表現があるように、企業にとっては目に見えない「信用」であり、それが収益力となっています。

 

のれんには、2つの種類があります。一つは、自社で培ってきたのれんで「自己創設のれん」と言います。もう一つは、ほかの企業を買収・合併したときに生じるのれんです。

 

会計上でのれんを認識できるのは、他の企業を買収・合併したときのみです。例えば、A社がB社を30億円で買収したとします。ただ、B社の帳簿上の価値が10億円の場合、買収価格との差額である20億円は、A社がB社を買収することで将来にわたり収益を獲得できると期待した「超過収益力」に対する対価です。

 

「のれん」の認識

 

このように、買収が行われたことによってはじめて「のれん」に対する客観的な金額を付けることができます。買収などが行われない限り、自社で培ってきたのれんはいくら会社が価値あるものと考えていても、客観的な金額に換算することができません。客観的な金額に換算できない限り、会計上でのれんを反映することができないのです。

 

会計上は、客観的に見積もることができないものを資産計上することが禁止されています。会社が自社の財政状態をよく見せようと無制限に資産性のないものまで計上し、結果として財政状態を歪めてしまうのを防ぐためです。

 

長期に経営をしてきた企業であれば、長年培ってきたのれんの価値が大きいところもあるでしょう。しかし、こうした自己創設のれんに関して、会計上は認識することが現時点ではできません。つまり、財務情報をみても、投資家はその企業がどのくらい「のれん」を全体として有しているかを把握することができません。

 

無形の資産=知的資本

 

このような会計情報を補完するため、企業が開示している他の情報から無形資産を発見し、企業の価値評価に結びつけることが投資家の長期的な投資判断に不可欠です。

 

無形資産といっても、数限りなく存在します。そのため、投資家が企業を評価する上でのフレームワークとして重要な知的資本についてご紹介します。

 

知的資本とは、無形資産と同義で用いられるものです。知的資本には、さまざまな分類があります。主に、「人的資本」「組織資本」「「関係資本」の3つの資本を押さえておけば全体として把握することが可能です。

 

人的資本とは、従業員が会社を辞める時に組織から消失する属人的資源のことです。例えば、イノベーション能力、想像力、ノウハウ、経験、柔軟性、学習能力、モチベーションなどが挙げられます。

 

組織資本とは、従業員の退職後も組織内に残り、継承されていく資源のことです。例えば、組織の柔軟性、データベース、文化、システムなどが挙げられます。

 

関係資本とは、企業の対外的関係に付随した資源です。例えば、イメージ、顧客ロイヤルティ、顧客満足度、共有業者との関係、金融機関への交渉力、環境活動などです。

 

大半の投資家は、いまだに財務情報を中心とする企業価値評価を行っています。しかし、企業価値の8割を占めるのは知的資本ともいわれています。つまり投資家の大半は企業価値の2割である財務情報を適切に評価するために、大半の時間を割いていることになります。

 

ごく一部の長期的な視点で投資を行っている投資家ほど、無形資産に着目しています。企業価値の8割を占める知的資本に目を向けることが、より効果的な投資判断に繋がります。