セルサイドアナリストとバイサイドアナリストによる短期化の罠

アナリストの種類

 

アナリストとは、個別の企業や業種の分析を行う人のことを言います。アナリストには、「セルサイド・アナリスト」「バイサイド・アナリスト」の2種類があります。セル(sell)は「売る」、バイ(buy)は「買う」を意味しますので、「株を売る側の組織」「預かったお金を運用している組織」のどちらに属しているかによって分類されます。

 

まず、株を売る側の組織である証券会社に属しているアナリストは、セルサイド・アナリストです。一方、預かったお金を運用している組織である信託銀行、保険、投資顧問会社などに属しているアナリストは「バイサイド・アナリスト」になります。

 

セルサイド・アナリストは、企業の価値について分析し、株価が割高なのか割安なのかについて算定したものをまとめてレポートします。これをアナリスト・レポートと呼んでいます。

 

ビジネスモデルの違い

 

このアナリスト・レポートは、取引先の事業会社だけでなく、一般の人も入手可能で広く読まれることを前提に書いています。セルサイドである証券会社は、株の売買による手数料によって収入が増えるビジネスモデルのため、アナリスト・レポートは株の売買を盛り上げることが目的と言えます。

 

一方のバイサイド・アナリストは、顧客が明確であり、顧客のためだけに分析を行います。そのため、顧客以外の人がアナリストの分析を見ることはありません。バイサイドである機関投資家は、成功報酬型のビジネスモデルであり、アナリストの仕事は、運用のパフォーマンスにどれだけ貢献できるかにかかっています。

 

セルサイド
証券会社
株を売る側
株の売買による手数料によって収入が増えるビジネスモデル

 

バイサイド
機関投資家
お金を受託して運用する側
運用パフォーマンスに基づく成功報酬型のビジネスモデル
 
アナリストの短期志向化

 

近年、セルサイド側の調査の内容が短期化している問題が指摘されています。これはセルサイドにとっての顧客の種類が変化していることが理由の一つとして挙げられます。従来は、中長期的な視点で運用パフォーマンスを目指す機関投資家が顧客にいたため、セルサイドとしても中長期的な動向を調べることが自然でした。

 

ただ近年は、証券会社の顧客の中心が短期的に売買を繰り返すヘッジファンドとなってきています。これにより、証券会社は大型顧客であるヘッジファンドのために「短期的な業績の動向を調べる」ことに仕事がシフトしているのです。

 

また、企業側において投資家向けの情報発信や投資家対応が充実しつつあり、バイサイドの機関投資家がセルサイドのアナリスト・レポートを以前よりも必要としなくなっています。これも、セルサイド・アナリストの調査の短期化を促進している要因の一つと言われています。

 

では、バイサイドのアナリストはすべて長期的な視点に立って企業を分析しているかというと、バイサイド側にも調査内容の短期化を促す要因がいくつか存在します。

 

例えば、運用側であるバイサイドがいくら長期的な時間軸で運用のパフォーマンスを上げたいと思っていても、短期もしくは中期にある程度のパフォーマンスが示せない場合は、顧客は解約してしまうことがあります。

 

このように顧客側と運用側における時間軸がずれている場合は、バイサイド・アナリストも短期志向に陥る可能性があります。

 

また、長期投資を掲げている機関投資家であっても、バイサイド・アナリストの報酬が短期的なパフォーマンスに紐づいている場合は、やはりバイサイド・アナリストの短期志向化を促進することになります。

 

このように、セルサイド・アナリストにおいても、バイサイド・アナリストにおいても、「短期志向に陥る」「短期志向に陥りかねない」といういくつかの罠があります。

 

そしてそれらの罠は単独の問題ではなく、俯瞰してみると繋がっていることが分かります。単に、「ビジネスモデルを変えればよい」「報酬体系を変えればよい」というものでもないため、政府や企業を巻き込んだ全体としての解決策を検討する必要があるでしょう。