「3の法則」で財務三表を身近な存在にする

  • 財務情報

 

企業は社会の一部です。ほとんどの人は何らかの形で企業に接しています。世界的な大企業でも、現在では誰もが各社のHPより情報を簡単に入手することができます。企業を、より深く理解するための情報の一つが財務情報です。

 

しかし、財務情報というと、専門家でなければ読んで理解することはできないと思われるかもしれません。しかし、「3」をキーワードに、「主要な3種類の報告書」「各報告書の3つの構成要素」「3つの分析ポイント」をまずは押さえることで、財務情報を身近な存在にしてしまいましょう。

 

  • 財務三表

 

財務情報には、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」といった主要な3つの情報があり、財務三表と呼ばれています。

 

・貸借対照表:Balance Sheet (BS)
・損益計算書:Profit and Loss Statement (PL)
・キャッシュフロー計算書:Cashflow Statement (CF)

これらは、企業の安全性や収益性などを理解するための「診断書」のような役割をもっています。企業の事業活動を把握するためには、これら3つの切り口でみることで、企業の実態を立体的に把握することができます。

 

  • 3つの構成要素

 

次に各情報の主要な3つの構成要素を確認します。まずは、この基本の「型」を知り、理解しましょう。

 

 

貸借対照表(BS)の主な構成要素には、会社のある一時点における「1)将来利益を生み出すために所有している有形・無形物(=資産)」「2)銀行から借りたお金(=負債)」「3)株主から集めたお金(=純資産)」がいくらあるのかを把握するための情報となります。

 

家計で置き換えるなら、「現金や預金はいくらあるか」「家や車を所有しているか」「借金はあるか」といったある時点での情報です。

 

損益計算書(PL)とは、一定期間(1年間や四半期)における「1)会社が提供する商品やサービスがいくらで売れたか(=売上)」「2)商品やサービスを販売するためにかかったお金はどれくらいか(=費用)」「3)どのくらい儲かったか(=利益)」の金額を把握するためのものです。

 

これは例えば、旦那さんの給与明細などに該当します。給与であれば、一か月という期間に区切って、「どのくらい収入があったか」「源泉税や社会保障などの差し引かれた金額はいくらか」「最終的に残った手取りはいくらか」を把握するようなものです。

 

キャッシュフロー計算書(CF)とは、一定期間(一年間や四半期)現金にのみ焦点をあてて、その流れ(増減)を把握するための計算書です。

 

「1)本業の営業活動からどのくらいのキャッシュを生み出したのか(=営業CF)」「2)将来に向けた投資をどのくらい行っているのか(=投資CF)]「3)借金を返しているか・株主に儲けを還元しているか(=財務CF)」といったことを把握するためのものです。

 

キャッシュにのみ焦点を当てているため、家計においては銀行通帳のような役割を果たします。家計全体を把握する際と同じ様に、企業の財務活動の全体を把握するためには、上記の3つの情報が必要となるのです。

 

  • 分析をする際の3つのポイント

 

財務三表を分析する際には、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

1)全体像を捉える

 

各財務三表は、各社のホームページからダウンロードが可能です。ダウンロードしていただくと、勘定科目には一見難しそうな漢字が多く、数値がいくつも列挙されています。

 

上から順に各数値を見ても意味がありません。まずは、先に示した3つの構成要素ごとの合計金額を確認し、全体像を捉えましょう。薬は飲む順番とタイミングで効果が分かれるように、財務諸表を読む際にも、どの情報をどの順番で見ていくかが大切です。

 

2)つながりを捉える

 

各財務三表は、互いにつながりがあります。書類として物理的には分けられています。しかし、分析の際には各財務諸表間のつながりも意識しながら分析をすることが大切です。

 

また、財務三表における数値と数値の往復運動だけでなく、戦略やビジネスモデルといった会社の記述情報との往復運動も加えることによって、より企業活動のダイナミズムを把握することができるようになります。

 

3)トレンド(傾向)を捉える

 

あらゆる数値に言えることですが、ある一時点の単独の数値に意味を与えることは不可能です。数値に意味を与える為には、なんらかの「比較」ができる状態であることが前提となります。 比較することで「関係性」が明らかとなり、初めて数値に意味を与えることができます。

 

最も効果的なのは、数値が時間の経過とともにどのように変化したかを時系列で捉える方法です。なるべく長い期間のデータ(できれば7期間以上)を入手し分析することが理想的です。これにより、「今後どのように数値が変動していくのか」(=数値変動のトレンド(傾向))をより適切に把握することができます。

 

以上、「3つの財務情報の種類」「各財務情報の3つの構成要素」「財務情報を分析する際の3つのポイント」について「3」をキーワードに確認しました。まずは基本の型や考え方を押さえ、「財務情報は難しそう」というメンタルブロックを解除して分析に役立ててください。