「3つの利益」は経営の基本機能のチェックポイント

  • 損益計算書で「利益」を把握する

 

企業の活動を数値で捉え理解するには、企業が開示している「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」をセットで活用することが効果的です。その中でも、「会社がどのくらい儲かっているか」を測るものさしとなる「利益」の計算は「損益計算書」で行われています。

 

その損益計算書で、最終的な利益を計算する過程においては、「①売上総利益」「②営業利益」「③経常利益」という重要なチェックポイントとなる3つの異なる利益があります。

 

損益計算書の基本的な構造は以下の通り、3つの構成要素により成り立っています。

 

  • 利益までの道筋

 

さらに、企業の最終的な利益までの道筋をより明確にするために、上記の基本形を細分化します。段階的に、いくつかの足し算と引き算を繰り返し行います。段階的に見ていくことにより、会社のどの機能が「うまくいっているか」「うまくいっていないのか」がより明確になるからです。

 

 

なお、最終利益である「当期純利益」はボトムラインとも言います。上図からもわかる通り、最後の(ボトム)線(ライン)に位置付けられているからです。以下、いくつか呼び名には別名や通称があるため、これらも合わせて覚えておく必要があります。

 

  • 3つの利益

 

①売上総利益(売上高-売上原価)

 

最初の利益である、①売上総利益は、よく「粗利(あらり)」と呼ばれています。これは、企業の「生産活動」という基本機能をチェックします。企業のビジネスモデルはの前提となる生産活動は、「自社でモノやサービスを生産する」または「他社が生産したものを買ってきて売る」の2つに分けることができます。

 

①売上総利益では、生産活動によってもたらされた利益がどのくらいかを把握します。売上高は、モノ・サービスが売れた金額です。また、売上原価とは、「売れた分のモノやサービスを作るのにかかったコスト」または「売れた分のモノやサービスを買ってくる(商品の仕入れやサービスの外注)のにかかったコスト」となります。

 

 

②営業利益(売上総利益(粗利)-販売費及び一般管理費)

 

2つ目の利益である②営業利益は、企業の「販売活動」という基本機能をチェックします。販売活動には、販売費及び一般管理費があり、その中には、「販売手数料」「人件費」「広告宣伝費」などが含まれます。販売費及び一般管理費は、略して販管費(はんかんひ)と呼びます。

 

そして、②営業利益では、「本業からどのくらい稼いだか」を把握することができます。企業のメインとなるビジネスの他に、企業は、他社の株を買ったり不動産を買うなどして資金を運用している場合があります。そのため、これら本業以外の活動からの収入と分けて捉えることで、「本業の真の力」をみるために計算します。

 

③経常利益(営業利益-営業害収益・営業外費用)

 

3つ目の利益である③経常利益は、企業の「財務活動」という基本機能をチェックします。財務活動とは、ビジネス
に必要なお金を調達し、運用することです。企業は、銀行や株主などから資金を調達したり、本業で稼いだお金で再度本業に投資をするほかに、企業自らが他社の株や不動産などに投資をすることによる収入(受取利息や配当)や支出(支払利息)が有る場合があります。

 

経常利益を見ることで、財務活動を踏まえた企業全体の活動からの利益がどのくらい出ているかを把握することができます。

 

以上のように、「利益」と一言でいっても、企業の損益計算書では3つの利益「①売上総利益」「②営業利益」「③経常利益」が段階的に計算されています。

 

損益計算書を読む際には、上から項目をひとつづつ読むのではなく、まず全体像を把握し、これら3つの利益が目に飛び組んでくるよう、複数社の損益計算書をみて何度も訓練しましょう。